超巨大魚クエを磯釣りで釣る方法 | シーバスを求めて

超巨大魚クエを磯釣りで釣る方法

クエと言えばあの超巨大魚。
水族館などでも見たことある人も多いのでは?
あんなでかい魚を釣る事が出来るといえば、驚きますよね。

本州の磯釣りではクエが最も大きな魚です。
針ががかりさせた後の突っ込みとパワーは圧倒的です。
ここではクエの磯釣りについて解説します。

・仲間を引き連れて行こう
南の離島では釣れる確率が高い魚です。
クエは大物になると人間の体重を超す魚もいます。
釣りに行く時には複数の仲間と行かないと取り込むのが難しいです。

・釣る場所
磯下の水深があり、かなり険しい岩礁帯のある所です。
クエ釣りは危険を伴いますから、磯上で安全確保ができる所を探す必要があります。

・仕掛け
長さ5mのモロコザオ呼ばれる磯ザオで、竿のうちで最も頑丈に作られているものを使います。
仕掛けは胴つきバリにワイヤーハリスで釣ります。
付けエサには冷凍サバ、イカなどです。まきエサにも同じものをぶつ切りにして使いましょう。

・釣る方法
海底近くでおもりが底を叩くすれすれのところでアタリを待ちます。
アタリは初めはもぞもぞと小さく出ますが、間もなく竿先が海中に突き刺さります。

すぐに竿を立てて、クエを底から離すようにします。
ドラグで道糸を送ったり、竿を下げる事はNGです。

20㎏を超す大物に出くわすと、体力がある人でも1人で竿を立てて支える事は困難です。
仲間の肩を借りて竿を起こして、抵抗が弱くなったらリールを巻きます。

中層まで魚を上げる事が出来たら勝負はあったようなもの。
海面に浮いたら磯下に寄せて、仲間にギャフを入れてもらい取り込みます。

クエを釣る機会は釣り人でもなかなかない人が多いでしょう。
体力に自信がある人は、一度トライしてみても良い思い出になる事でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする