海のルアーフィッシングといえばシーバス | シーバスを求めて

海のルアーフィッシングといえばシーバス

海のルアーフィッシングといえば、シーバスといっていいほどシーバス釣りはメジャーです。
古くから釣りの対象魚でした。別名をスズキとも呼ばれます。

ルアーフィッシングの格好のターゲットです。
ここではシーバスのルアーフィッシングについて解説します。

・釣り場
潮の流れに変化がある所は小アジやイワシなども好んで群れるポイントです。
そこに小魚を狙ってシーバスがやってきます。
橋の下や海上に突き出たコンビナートのストラクチャーの暗がり、海底に変化があるところや漁礁やかけ上りなど、潮目ができるところが狙うポイントになります。

・タックル
堤防からシーバス釣りでは、スズキクラスで10から20lbラインにミディアムからヘビータックルで狙います。
ルアーを使う時の目安としては、シーバスが上層を回遊している朝夕などはフローティングミノー、日中は中層や下層を泳ぐ事が多いのでシンキングミノーやメタルジグなどです。

・釣り方
堤防から釣るにも船から釣るにも、ポイントの先にルアーをキャストしてルアーが通るようにリトリーブします。

シーバスがヒットした時にはガツンときます。
その後にシーバスがテールウォークやエラ洗いをしてルアーを外そうと必死になります。
そこで逃さないためにロッドを水面近くに寝かせて、ラインがたるまないようにリーリングするようにしましょう。

また、シーバスのアタリはガツンとくるとは限らずに、アタリが弱くて一瞬ゴミでも引っかかっているのかと感じるようなアタリもあります。
その時にも強く合わせて確実に針掛かりさせるようにしましょう。

これらを参考にして、是非大物のシーバスを釣ってフィッシュグリップで掴んだところを撮影してみてください。

シーバスは比較的身近にいる魚で船釣りもできますが、堤防などでも釣る事が出来るので、ぜひ挑戦してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする