磯釣りにカワハギは天敵? | シーバスを求めて

磯釣りにカワハギは天敵?

カワハギは美味い!特にたっぷりと肝があるカワハギは最高なのだ。

実は私はカワハギを美味しく食べる調理は(刺身)だけなのだ。
カワハギの薄造りは、素人がフグの薄造りと間違えるというくらい綺麗なお造りになる素材です。

よくカワハギを釣ったらムニエル、味噌汁、鍋といった調理が一般的でしょう。
しかし私はあまりこれらを好まないのです。
やっぱり刺身が良い!

みなさん、カワハギの肝を食べたことありますか?
甘いんですよ!肝が!鳥の肝とは違いますよ。
ちょっと生臭いかもしれないので、ネギと薬味(生姜がベスト)と一味唐辛子を少々加えて、そのままで召し上がるのも良し。
カワハギの薄造りと一緒に肝を食べるのも良し。

カワハギは美味いんです。しかし・・・

磯釣り師にとってカワハギとはいわば本命ではないといえます。
本命を釣ろうとしても、メインターゲットが餌を食べる前にカワハギさんが食べちゃうのです。
ですから釣れる時には、ウジャウジャいて本命が釣れなくなるという、磯釣り師にとってはカワハギは天敵なのです。
しかし食べたら美味いんです。(どっちやねん!)って突っ込まれそうなんですが、できたら本命の邪魔をしないでね、カワハギさん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする