「ウグイ」の美味しい食べ方 | シーバスを求めて

「ウグイ」の美味しい食べ方

釣りをされる方なら経験があるのではないでしょうか。

餌釣りでもルアー釣りでも、時折掛かる「外道」の「ウグイ」・・・(汗)
私も「ウグイ」が釣れメバルロッドを折った事があります(涙)

ですが、「外道」が美味しく食べれたら皆さん嬉しくないですか?

今回は外道で釣れた「ウグイ」の美味しい食べ方をご紹介致します!!

<メニュー>

「ウグイの蒲焼き丼」です!!

<作り方>

①ウグイのウロコ・頭・内臓を綺麗に取り去ります。取り去ったら、塩で洗い臭み取りの為、生姜を擦り込みます!!

②下処理をした①の「ウグイ」を水洗いし、3枚に下します。(腹骨と血合い骨も取ると食べ易いです)

③3枚に下した「ウグイ」に塩をし、小麦粉を薄く塗します。

④熱したフライパンに油をしき、「ウグイ」の皮面から焼きます。

⑤スーパーで売っている「ウナギのタレ」を回し入れ、「ウグイ」絡めます。

⑥ご飯を盛りつけた丼に「ウグイ蒲焼」を乗せ、仕上げにネギと七味を掛け、完成です!!

<ポイント>

「ウグイ」は「ハヤ」の降海型です。汽水域に生息する為、どうしても匂いが気になりますし、骨も荒く嫌われやすい魚です。
ですが、下処理をきちんと行えば、とても美味しい魚です。
しっかりと油も乗ってますので食べ方によっては、本当に美味しく頂けます。

是非皆さんもお試しください!!

<釣り場での注意>

釣り場でよく見受けられる、「外道」の放置です。
「フグ」や「ウグイ」また「ボラ」など外道として釣れた魚を、そのまま放置するのは如何な物かと思います。

漁港では、放置した魚に「カラス」が集り食い散らかし、それが腐り酷い事になったりしています。

「外道」でも命をもった生き物です。
釣り人からすれば「外道」は迷惑な存在かもしれませんが、ちゃんと海に帰してあげます様お願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする