サビキ釣りで豪華なお土産ゲット! | シーバスを求めて

サビキ釣りで豪華なお土産ゲット!

夏になってくると堤防近くまでイワシやアジなどの小魚が大挙して押し寄せます。

イワシもアジも非常に簡単に釣ることのできる魚で、1尾1尾を釣るよりも、サビキ仕掛けでまとめて釣ってしまうのが効率的。

サビキ仕掛けとは、下部にナスオモリが取り付けられるようになった胴付き仕掛けのことで、ハリの一本一本にビニールスキンや魚皮などのバケが付いています。

このサビキ仕掛けの上に、コマセを詰められるロケットカゴを付けるか、もしくはナスオモリの代わりにオモリ付きコマセカゴを取り付け、海中でコマセを振り撒くことで魚を寄せるわけです。

サビキ釣りで大釣りする最大のコツは、魚が1尾仕掛けに付いたら、すぐには取り込まずに追い食いを待って多点掛けすること。

しかし、魚がサビキ仕掛けに掛かったままに放置してしまうと仕掛けが絡みやすくなるので、少し竿を持ち上げてテンションをかけてやると、仕掛けが絡みづらくなります。
このようにして多点掛けをしていくことで、短時間でも束釣りが可能になるわけです。

サビキ釣りは釣れる時は次々と釣れますので、釣れた魚を外すためのフィッシュグリップというフィッシングギアを用意しておくと便利です。
フィッシュグリップにも用途によって色々なモデルがありますのでどれを買えばいいか迷われるかもしれませんが、サビキ釣りで使うフィッシュグリップは安いもので十分です。

そして、イワシやアジなどをたくさんゲットしたら、その数尾はバケツで活かしておき、簡単なオモリを使った仕掛けに付けて海中にポイッ。

イワシやアジなどが大量接岸している場合は、ヒラメやマゴチ、シーバスといったフィッシュイーターも寄っているものなので、こういった魚が掛かってくるかもしれません。

また、アオリイカやタチウオを狙う場合は、ウキ釣り仕掛けにして流しておくといいと思います。

サビキで確実にお土産をゲットし、さらに豪華な魚も狙ってくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする