福井県九頭竜川での釣り | シーバスを求めて

福井県九頭竜川での釣り

私は福井県在住で5月から12月の間、九頭竜川またはその支流にてルアー釣りでシーバスフィッシングを行っています。
特に大雨の後など、川が増水して流れがきつい日で条件が揃うと、1時間で70センチを超える大物が20匹釣れたりします。

メインで使用しているルアーは、imaのSASUKEシリーズです。
このルアーでの最大魚は77センチです。
晩秋の落ち鮎シーズンになると非常に有効なルアーで、この時期に九頭竜川で釣りをする際は必ずと言っていいほど、必要なルアーです。

その他にも、冬になると越前海岸一帯ではメバル釣りができるため、地元の漁港や地磯などでワームを使ったメバルフィッシングを行っています。
ナミノハナが現れる時期になると、尺超えのメバルも釣ることができます。

来年からは、九頭竜川のサクラマスにも挑戦したいと思っています。
最近は稚魚の放流が盛んに行われており、サクラマスが釣れる機会も非常に増えています。
今は来年に備えて資金集めをしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする