絶品!本カワハギの肝和え | シーバスを求めて

絶品!本カワハギの肝和え

岩礁帯でよく釣れるカワハギですが、もし大型の本カワハギが釣れたら迷わず肝和えにしましょう。

小さなカワハギだと肝がほとんどないことがありますので、大型でないと作ることができません。

皮を丁寧に剥ぎ、内臓を極力傷つけないように取り出します。
緑色の内臓はとても苦い成分を含んでいますので、見つけたら慎重に取り出して捨てましょう。
身は刺身にします。

肌色の綺麗な内臓が肝和えで使用する肝です。
一人前のゴマを擦るような小さめのすり鉢で肝を擦り、そこに刺身醤油を垂らし、さらに擦ります。
肝醤油が出来上がったら、刺身用にしておいた身を絡めて完成です。

通常カワハギの肝和えと言ったら、醤油に肝を入れ、箸で混ぜたりすることが多いのですが、すり鉢ですることをおススメします。
この方がまろやかになって、醤油の角が取れます。

カワハギは塩焼きにしても煮付けにしても大変美味しく、また、身離れの非常に良い魚です。
肝が小さい場合はこのような調理法が良いでしょう。

大型魚はなかなか釣れませんので、釣れた時は是非この「肝和え」を作ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする