春のデカアオリイカを攻略せよ! | シーバスを求めて

春のデカアオリイカを攻略せよ!

3~4月の春は冬からの低水温が続くため、魚が一年でもっとも釣れない季節。
けれどもこの時期にこそ楽しみな釣り物がふたつあって、ひとつは乗っ込みを狙うサクラダイ(マダイ)、そしてもうひとつはデカアオリイカです。
サクラダイは陸っぱりから狙えないこともないですが、やはり船がメイン。
しかしデカアオリイカは産卵準備のためにかなり岸近くに寄ってきているので、堤防や磯から十分に攻略可能です。

狙い方は通常のエギングと同じですが、春は風向きが安定しないこと、そしてイカが産卵を控えているためかなりナーバスになっていること、このふたつをクリアしないといけません。
春の強風の攻略は、やはりできるだけ風を背負えるポイントを選ぶこと。
それが無理ならPEラインを細くして、餌木をディープタイプ、もしくはプラスシンカーをします。

誘い方は、着底させたらシャクリは控え目にワンピッチワンジャークを3~4回したらテンションフォールで底まで落とす、その繰り返し。
春イカはアタリが小さいので、竿先のほかにラインの走りを捉えてください。

風を克服してアタリをしっかりと取ることができれば、春のデカアオリイカは必ず攻略できるはずですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする