夏はオイカワの毛ばり釣りで夕涼みを楽しもう! | シーバスを求めて

夏はオイカワの毛ばり釣りで夕涼みを楽しもう!

オイカワは大きな川から田んぼの小川まで、日本中どこにでもいる魚です。

小さくてとても美しい魚で、冬は甘露煮にして食べる人もいます。

夏になると少し流れの早い「瀬」にやってきて、1日中水面を流れてくる虫を狙って頭を上流に向けて泳いでいます。

特に夕方になると水面がオイカワのライズでいっぱいになります。

生き餌は不要

そういう状況では針に生き餌を付けて流すことも、できないことはありません。

サシや赤虫、または石の裏に貼り付いている川虫を付けてオモリを付けない玉ウキで「フカセ釣り」するわけです。

ただ、流れが速くてどうしても「アタリ」が取りづらくなります。

だから「毛ばり」を使うのです。

釣具屋で「ハヤ毛ばり」という、飛ばしウキに枝針になった毛ばりが5本ほど付いた仕掛けが売っています。

これを4.5メートルのハヤ竿に付けて流してみてください。

意外と簡単に手元にアタリがあって、「向こう合わせ」で釣れてしまいます。

だから「魚は生き餌でないと釣れない」と思っている人にはぜひ、やっていただきたいと思います。

フライフィッシングでも釣れます

「毛ばり」ですから西洋式でもOKです。

ただ、小さな魚なのでニジマスを釣るような6番のタックルで釣っても楽しくはありません。

キャスティングは難しくなりますが、3番以下のタックルがお勧めです。

この釣りは魚の口が小さいのと魚がとても敏捷なので、特に水面に浮くドライフライの場合はキャスティングがうまくいってリーダーがしっかり伸びないと魚がアタックしても針に掛かりません。

だからキャスティングの練習に狙う人も多いようです。

ただ、結構大きなオスのオイカワが釣れるとその「引き」や魚体の美しさに魅せられて「専門に狙ってみたい」と思うのが普通かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする