夏の夜釣りはいかがでしょうか | シーバスを求めて

夏の夜釣りはいかがでしょうか

これからの季節、夏場まで風が穏やかで天気が良ければ、絶好の釣り日和となりますよね。

しかし梅雨が明けて夏に入ると気温も高くなり、ゆっくり釣りをしようと思っても、朝晩のちょっとしか時間しか釣り糸を垂らす事は出来なくなってしまいますよね。

そこで夏場は涼しい夜に堤防(海)に出かけて、ゆっくりと夜釣りをするのはいかがでしょうか?
夜であれば夏場であっても比較的涼しく、長い時間釣り糸を垂らす事が出来ますよ。
又、夜釣りでは日中にはなかなか釣れない(お目にかかれない)魚種も釣れますので、楽しい釣りになるのではないでしょうか。

夏場の夜釣りのターゲットとしてはアナゴ、スズキ(フッコ、セイゴ)が有名ですが、ポイントによっては真鯛やカレイ等の大きなサイズが狙える場所もありますので、ポイント毎にタックルを変えて攻めてみてはいかがでしょうか。

夜釣りの堤防から真鯛やカレイ?と思うかも知れませんが、実は真鯛等は夜になると浅場によっている事があり、昼間よりも釣れる確率が上がるのです。

アナゴやカレイ、真鯛を狙うのであれば基本的には投げのぶっこみ釣りで、スズキを狙うのであれば電気ウキを付けたウキ釣りで試して下さい。

餌はアナゴであれば青イソメや鯖の切り身(塩浸け)、カレイであれば青イソメか岩イソメで、真鯛であればユムシがお勧めです。

スズキのウキ釣りでは青イソメの房掛けが(2~3匹)良いですよ。
ただし夜間は足場等見えにくいので必ず懐中電灯を持参し、暑くてもライフジャケットを付けて下さいね。
そうそう、虫よけも忘れずに持って行って下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする