堤防釣りでの楽しみ方 | シーバスを求めて

堤防釣りでの楽しみ方

堤防釣りでも様々な釣り方が楽しめますが、私が楽しんできた釣り方をご紹介します。

先ずはビギナーでも楽しめるサビキ釣りです。手軽にできますし、群れを上手くキャッチできれば入れ食い状態で数十匹以上もゲットすることができます。

次にハマったのが落とし込みによるハゼ釣りです。
家の近所の海(工業地帯)には多くのハゼが生息し、入れ食い状態で楽しめました。
サイズの割には引きが良いのも魅力です。

その後、段々と釣りのテクニックが上がってきたので、長尺の竿を購入し投げ釣りを行いました。
父親に教わりながら、どちらが遠くに投げれるかなども勝負して楽しめました。
魚種もシロギスやイシモチなど、これまでに釣り上げた経験のない魚を手にすることができたので新鮮でした。

最後はスズキ釣りです。
夕方から夜にかけてスズキが回遊してくるのですが、スズキを狙ったルアー釣りは緊張感がありました。
大型魚ですので針にかけた際の強い引きが強烈で驚きがありました。

同じ堤防でも釣り方によって様々な魚種が狙えるのは非常におもしろいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする