釣った魚を美味しくいただくために | シーバスを求めて

釣った魚を美味しくいただくために

何で釣りが好きなの?って聞かれると、美味しい魚が食べたいからと答えます。

もちろん釣る行為自体も好きなのですが、私はゲームフィッシング否定派なので、食べる事に重きを置いています。
釣り上げた魚は、今まで泳いでいた訳ですからこの上無く鮮度はいいです。

ところが家まで持って帰って調理するとなると、釣れた直後の処理で大きく味が変わってしまいます。
生臭さの要因の大半は血の臭いなので、釣り上げてからいかに早く放血させるかが勝負なのです。
最近では神経締めなる技がありますが、これはちょっと難しいので今後の課題として、まずはいかに早く締めて血を抜くかです。

堤防釣りなどで釣れた魚をバケツに突っ込んで放っておく場面を見ます。
あれは魚が苦しみ抜いて死ぬので残酷でもあるし、帰宅後は抜けていない血が生臭くなってしまいオススメできません。

ナイフやハサミ、アイスピックなど色々試しましたが、小魚はともかく30cm以上の真鯛クラスを締めるには使い勝手がよくありません。

そこでネットを色々と検索して出会ったのが、メタル・ピックと言う製品です。
これは魚を締めるためだけに開発された物で、極端に鋭利でもないしよく考えて作られています。
釣れたらこれで即座に脳を破壊して、ナイフでエラを傷つけて放血させる。
これなら素早く次の釣りが始められます。

花鯛では試したので、次は大きな真鯛を釣らなければ。。。グッズ選びも、また楽し。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする