シーバス狙い~女性アングラーの場合の合わせについて | シーバスを求めて

シーバス狙い~女性アングラーの場合の合わせについて

釣りに行っても、なかなか女性アングラーに会うことができません。
しかし私は、負けじと男性に混じってシーバスを追いかけています。

デビューしたての頃は、シーバスをよくバラしていました。
男性アングラーにコツを聞くと、「ググン!」ときたら「強く一度合わせて、糸がたるまないようリールを巻く」というようなアドバイスでした。

実際釣りあげている現場を見学し、やり方を真似てみたりもしました。
しかし、大物がかかると針が上手く顎に刺さりきりません。
掛かりが悪いため、エラ洗いをされると、シーバスの力業で逃げられてしまいます。

そこで試してみたのが「追い合わせ」です。
大きなシーバスが掛かったときは、いつも通り合わせを一度し、引きの強いときにもう一度合わせをします。
これを必ずした方がバレないということに気がつきました。

どうしても男性よりは力が劣ってしまいますので、女性は是非この「追い合わせ」で針をしっかり顎に食い込ませてください。

顎が硬い大物のシーバスは、ちょっとやそっとじゃ針は抜けません。
針がしっかりと刺さるよう、針が劣化していたらすぐに新しい針に付け替えることもお忘れなく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする