シーバスを求めて |

ルアーフィッシング入門

一昔前まで、釣りは「年寄りの道楽」という親父くさいイメージを持っている方が多かったのですが、昨今では若者たちが手軽にできる釣りが増えてきた為、釣り人の年齢層も若くなってきているように感じます。

特に人気なのがルアーフィッシング。

少し前まではルアーフィッシング=シーバス、やブラックバス、というようなイメージが強かったのですが、最近のルアーフィッシングはターゲットを選ばないものになってきました。

身近な魚から高級魚まで、その種類は数多に渡ります。

今回はその中でも、ソルトルアーフィッシングの中でもかなり手軽に始められ、なおかつ釣れやすいものを何種類か紹介したいと思います。

まず外せないのは、ライトソルトと言われる小物釣り。

簡単に言えば、ルアーでの五目釣りです。

代表的なターゲットはメバルやカサゴ、アジにカマス、あとメッキなど様々です。

それこそターゲットを絞らなければ様々な魚が釣れます。

また、この釣りは時期を選ばず年中遊べるのも魅力的です。

普段少し難しい釣りをしていて、全く釣果が上がらない時に息抜きとしてやる方もいます。

また、タックルの使い回しが効くのも利点かもしれません。

ルアーだけ付け替えてしまえば普段バス釣りをしている方ならば、そのままのタックルで開始できますし、何より専用のタックルもの比較的安価なものが多いのが特徴です。

短めのロッドに小型リール、あとはジグヘッドとワームさえあれば成立してしまいます。

試しに近所の漁港で魚がいそうなポイントにキャストしてみてください。いろいろな魚が遊んでくれるはずです。

次にオススメなのがエギングと言われるルアーでイカを釣る釣りです。おそらく若者に一番人気があるのがこの釣りではないでしょうか。

しかし、上記のライトソルトに比べると若干敷居が高く、難易度も高いのが難点ではあります。

一応年中できない釣りではありませんが、時期によってムラも出ますし、ポイントも選ばないといけません。

しかし、タックルを一度揃えてしまえばサッと行ってサッと始められるのが魅力です。

また、ターゲットがイカなので、釣れたあと食べるのも楽しみの一つではありますね。

最後にオススメしたいのが、ウルトラライトショアジギングと言われるメタルジグを使用した岸からのジギングゲームです。

ウルトラライトショアジギングは時期が少し制限されてしまいますが、ツボにはまると1日で二桁は軽く超える釣果に恵まれるのが魅力です。

また、ウルトラライトショアジギングはターゲットが基本小型回遊魚になるのですが、その引きの強さも魅力です。

基本はメタルジグと呼ばれる鉛の塊を投げるのでタックルもそれ相応に頑丈なものが必要になってきますが、多少ならば使い回しが効きます。

ウルトラライトショアジギングは時間帯や天候によってメタルジグのカラーを変えるのがポイントです。

そのためウルトラライトショアジギングに行くときは、単品のメタルジグではなくカラーバリエーションが揃ったメタルジグのセットを用意するのがおすすめです。

あとは、ウルトラライトショアジギングはライトソルトと違いそれなりに体力もいる釣りになるので、そこは注意が必要になりますね。

以上、初心者入門用ルアーフィッシングを3種ほど紹介させてもらいました。

そろそろ釣りがしやすい時期になってきましたので、近くの水辺に遊びに行ってみてはいかがでしょう?

アウトドア好き40代主婦のインドアな生活|リンク集|釣竿持って海へ川へ|サイドビジネス|育毛剤|ネットショップ|全身脱毛|海外バイナリ|EARTH|ネットFAX|相互リンク|エステサロン|ネットファックス|看護師求人|優良SEO|ブリヂストン|

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする